LOG IN

ikiru

by chieco tada

泣いた。とにかく泣いた。

母の誕生日。

母を想いながら母への愛と感謝が溢れる。

同時に

どうして自分はこんななのか。

こどもにどなってしまったり

ちっぽけで

自分ばかりかわいくて。。。。

自責の念が溢れた。

感じながら描き進める。

気づいた。

それでいいんだ。

そんな私でも生きてていいんだ。

初めて心から自分に言ってあげられた気がする。

待望の娘はただただ可愛くて

きっと母にとってわたしもそうだったんだ。

最初から許されていたんだ。

生きることを。

母のお腹の中にいた頃からずっと。

タイトル「ikiru」

OTHER SNAPS